Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

永久渋滞 その3

前回不幸にして永久渋滞に はまって しまったあなた


しかも原因は なんと あなた自身
さあ、こんな時はいったいどうしたら良いのでしょう


なんてもったいぶる間もなく(ここをご覧になっている)賢明な方々は
「そんなの(車を)詰めて貰えば良いのでは」
とすぐに気づく事でしょう


そうですよね、みんなこの渋滞を早く抜けたいという思いは共通のはず
右折車両が居て一向に車が流れない時、付近の車両は何とかしてその
右折車を入れてあげようと、きっと車間を少しずつ詰めて右折スペースを
空けてくれることでしょう(こー言う時はみなさん親切です)


そしてあなたが無事に右折できたあかつきには(対向車線)後方の車両も

ほどなく右折出来、いままでの渋滞は何事も無かったかのように解消
されることでしょう。 めでたしめでたし・・・


と、行けば良いのですが やはり試練は待ち構えているのです


みんなで少しずつ車間を詰める作業をしている時、そんな時でも必ず
「われ関せず」という車両がいらっしゃいます。

見ると運転者は渋滞で停車を良いことにスマホいじりに夢中だったりして・・


現実はきびしい(笑)


それでもなんとか空けて貰ったスペースへ車を突っ込んで足早に右折ぉば・・
と思ったら・・そのスペースから今度は車が出てきてコンニチワ
(考えてみたらあなたが右折しようとしていた道路から「出待ちしている車両」

も当然のごとくいらっしゃるんですよね)


こんなふうにアクシデントは次々と出てくるものです


長々と何が言いたかったのかと言うと車の運転って次々と襲い掛かる
試練を乗り越えていく作業なんだなぁ と言う話でした。


まるでロールプレイングゲーム、戦い終えたあなたの(運転)レベルは
確実に上がっていることでしょう・・・なんてね


なんだかつまらない結論でごめんなさい。


渋滞のときこそ(ここぞとばかりにスマホや携帯の操作などせずに)周囲に

なるべく気をくばりましょうね~


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。