Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

永久渋滞 その2

前回、対向車に2度まで進路を妨害されたあなた

さぞかし腹立たしい気持ちでしょう

えっ 別になんでも無いですって?

そうですか、あなたはとてもいい人ですね


ところがそんな仏のあなたもさすがに困ってしまう事態がこのあと起こるのです


2台目の車にも進路を塞がれて右折できないまま、前回同様に車が流れるのを

待っているのですが今度は一向に対向車線が動き出しません


渋滞しているのは対向車線の進行方向(つまりあなたの後ろの方向)ですので

ちょっと状況がつかめません


なんとか情報を得ようとサイドミラーに映る後方の景色を目を凝らして見てみる
おやっ?はるか後方で対向車線にいる車が右折ウインカーを出しているようです


そうなんです対向車線の車が流れないのは、あなたと同じように曲がれない右折

車両が居て立ち往生しているからなのです。


その(対向車線後方の)車も車列が動き出して曲がるタイミングをひたすら

待っているのでした


ありゃりゃ そうなるともしかしてあなたも立派な当事者?
つまり巡り巡ってあなたが対向車線の渋滞を作り出しているって訳です


あなたがどかなきゃ対向車線にいる後方の右折車両は曲がれない
一方あなたも後方の右折車両が曲がってくれないと対向車線の車は流れず
自分も(当然)曲がれない! というこのジレンマ!


そうです、これが(この状態が)タモリさんの話していた「永久渋滞」なのです


たまたま(今回のように)原因が分ればいいんですが対向車線の右折車両がもっと

後方でミラーに映らず気が付かなかったら・・なにがなんだか分らない状況で

この(永久)渋滞にハマったままになってしまうかも知れません


はてさてどうしたらこの(永久)渋滞から抜け出せるのでしょう!


解決策はあるのか!!!


(まだまだつづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。