Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

一歩前へ!

タイトルの「一歩前へ」女性の方はあまりわからないと思いますが・・・
男性の方はなんとなく聞いたような(目にした事がある)セリフと思います


この言葉のあとに「自惚れるな! お前はそんなに長くない」なんて
書かれているのも見たことがあります(思わず笑ってしまいました)


そんな話はさておき交差点で一台前に右折車が居て、自分はその後ろに
止まっているとき(自分は直進の場合)もう少し前へ出てくれると横を
抜けていけるのになぁなんて思う時がありませんか?


交差点での右折の注意 確か教習所では真ん中まで進んで待つべし!
なんて教えられたような気がします


しかし現実には結構手前の位置で右折待ちをしているクルマをよく見かけます
ひどい場合は停止線の位置でウインカー出して右折待ちしている方も
いらっしゃいます(「そんなひとはおらんだろぉ~」 と突っ込んだアナタ
うそではなく本当にいらっしゃいます)


でもどーしてそんなに手前で待ってしまうのでしょうか
まさか後続車をわざと渋滞させるため?


(なんて事はないと思いますが~)


(つづく)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。