Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

永久渋滞

いつだったか(ずいぶん前) まだ笑っていいともが放送されている頃
司会のタモリさんが「永久渋滞」という渋滞のお話(説明)をしていた(と思う)


例えばあなたが交差点で右折しようとしているとしましょう


でも対向車が交差点内に入り込んであなたがこれから曲がろうとしている
右折路を塞いでしまい右折できない!! なんて事はよくありますよね

(対向車もワザと塞いだわけで無くて前の車に続いて交差点へ進入したら前が

詰まってしまい交差点内で停車せざろう得なくなってしまった訳です)


こんなときあなたはちょっと「イラっ」と来るかもしれません(対向車の
ドライバーに「もっと先の方見ておけよ~」なんて心の中で毒づきたい気分)


まあよくある事なのでこー言うときは車が流れるを待つしかありません、進路を

塞いでいた対向車がどけば(ほぼ間違いなく)その後続の車が譲ってくれる・・
あれっ (ツツーと後続車もそのまま交差点に入ってくるではあーりませんか!) 


ホント結構あるんだけど、前方の道路状況を見てない車って多いんだよな


で、さっきと同様に前が詰まって交差点内で停車(今度は確信犯だよね)


かくして渋滞のさ中でやっと1台分空いた貴重なスペースは再び埋まって
しまうのでしたぁ


結果:道を譲ってもらえずあなたはまだ右ウインカーを出しながら動けずじまい


(つづく)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。