Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

一歩前へ! (その2)

右折ライン(右折車線)の無い交差点を直進する時
一台前のクルマが右折車両だと(当然)そのクルマが右折するまで
あなは(直進することを)待たされることになります


しかし生活道路などの狭い路地なら待つのは当然で間違っても
(早く行ってよなんて)クラクションなど鳴らしてせかす事は
しないでしょう


しかし信号もあってそこそこ広い交差点で前の右折車があと1mでも
前に出てくれたら横をすり抜けていけるのにぃ~という場面では
前方の右折車が恨めしく思えることでしょう(笑)


でもそんなときでも(やはり)クラクションを鳴らしてはダメですよね


けれども「もうちょっと前に出てくれ~(おねがいっ)」と言う場合は
やはりありますよね


まあ中には後続車の事をチラチラ見ていてくれるドライバーの方もいらして
脇を抜けたいなぁ~と左に寄ると(ほんのちょっと)前に出てくれる場合も
ありますが(たいていの場合は)右折車両は前方から来る対向車に夢中で
後続車の事なんて(おそらく)おかまいなしです。


さてどーしてそんなに手前で(右折待ちを)するんだろう? 
もっと前に出ても余裕で曲がれるはずなのに・・・


で、いろいろ考えたんですがどーやら角(コーナー)の曲がり方に
問題(特徴)がある事に気が付きました


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。