Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

一方通行だけど2輪可

タイトルどおり一方通行だけどバイクが通れる(逆送できる)
道路が存在します。


バイクに乗る人なら(おそらく)誰でも知っているルール(標識)で
「おっ ここ入れるじゃん」と便利に通行させてもらっていますが
車の方って結構知らないんじゃないかな と思うことがあります


なぜって対向車が避けてくれないんですね(もしかしたら)バイクなので
「避けなくても脇を通り抜けられるでしょ」と譲らないだけかも知れ
ませんがフロントガラス越しに見るドライバーさんの顔つきは結構
険しかったりします


あのぉ~もう一度言います 一方通行路でもバイクは逆走できる道路って
結構あるんですよ~(すよ~ よ~) ←エコーです(強調するためです)


まぁ一方通行路ってそもそも狭い道が多いのですれ違いが難しくて
一方通行になっている場合がほとんどです なのでバイクであっても
対向車が来るのはちょっとイヤですよね それでバイク通行可能は
分かっていても車のドライバーさんからすればちょっと険しい顔に
なってしまうのもわかるような気がします。


ちなみにバイクが逆走可能な一方通行路は進入禁止の標識の下に
「二輪可」と書かれていたりします これって自転車も当然OK
なんですがもしも進入禁止の標識の下に何も書かれていない場合は
バイクはおろか自転車も(当然)進入禁止です。


ところで都心の一方通行路では結構広い道路でも二輪も自動車と同じく
進入できないところがほとんどです。これは一体なぜなんでしょう。


私が思うに都会は歩行者が多いので歩行者を守るためと思いますが
結局のところ道路がたくさん碁盤の目にありますので迂回路がたくさん
あるからだと思います。
(事実一本隣の道路は反対方向の一方通行だったりします)


そうそうバイクの入れない進入禁止の標識には「二輪可」と書かれて
いないのですが変わりに「軽車両を除く」と書かれて居たりします
その場合はバイクは入れませんが自転車は入れます。


あっ ちよっと気が付きました 都内の一方通行路ってほとんどが
バイクの逆走が出来ませんが他県(千葉や埼玉、神奈川など)では
普通に二輪は逆走出来る一方通行が多いです なので都内のドライバー
さんは他県へ出かけたときに「一方通行なのにあのバイク入ってきてるよ」
なんて驚かないようにしてくださいね




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。