Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

ぐれーゾーン?

先日都内の道路を走っていると見慣れない色(グレー)の舗装に出会いました。


緑や赤に塗られた道路は良くお目にかかりますよね
スクールゾーンは緑だったり交差点内の駐停車禁止をあらわすのは

赤い(というよりエビ茶?)舗装ですがグレー(灰色)はお目にかかった
ことがありませんでした


なんだろうこの色は? これってこの上に緑や赤など他の色を
塗るための下塗りなのかな、そーいうばペンキの塗装過程では
よくグレーの下塗りを見かけるっけ・・なんて考えながら走って
いた記憶がよみがえります。


いろいろ考えたけど、これはと思う考え(理由)は思いつかずグレーゾーンは
結構な距離続きました(都内ですから片側3車線で上下6車線全部グレーです)


これからは道路はこの色がトレンドなのかな(笑) なんて思ってその道路を
離れました。(私の頭の中もグレーゾーンのままです)


数日後、その疑問がTVのニュースで解けました。


このグレーの舗装は「遮熱道路」(遮熱舗装)とのこと、真夏の道路は熱い

ですよね(なんでもアスファルトの表面は60度以上になる事もあるらしい)
なので来たるオリンピックに備えてマラソンコースを順次遮熱舗装に変更
しているとの事


なるほどそこを私は走ったんですね


これって選手のためにやっている事ですが、どーせなら応援(見学)の人のために
歩道も遮熱仕様にしてくれればいいのにね。(出来ればミストシャワーなんか
出してくれる装置もつけて・・・なんて贅沢かな)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。