Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

太陽光発電 その2

この話題、単発のつもりだったんだけど・・・
なんかいろいろ調べていたら興味が湧いてしまいました・・・なので


♪おまたせしましたっ その2(番! (^^)v ぶぃっ


前回お話しました我々が電気代と共に(追加で)支払っている再エネ賦課金
(電気代に比例して一定の割合で支払っているみたいです)
えっそんなの払ってるの? ですって、ホントですよかったら電気料金の
明細を見てみてください (誰ですかそんなもん捨ててるって人(^^;)


あいゃ~ナニこれ(珍百景) いつのまにこんなの払ってたんだろう!!!!

(て、あらためて知って驚く人も結構いらっしゃるのではないでしょうか)


最近田畑(あるいは野山)をつぶして建設(設置)されている太陽光パネル
このパネルで電気を起して電力会社へ売る(電力会社は買う側です)と
ガッポガッポ(←ギ音が古臭い)儲かる仕組み(どうして儲かるのですって?)


そりゃ、電気の元は(無尽蔵に降り注ぐ)太陽の光ですもの原材料は0円です


いや、そーいう事を聞きたいのでは無いですよね。いくら太陽の光がタダでも

太陽光パネルの設置だってお金がかかります(たぶんン千万円・・いや億かも)


そんなにお金をかけて果たして儲かるのか?(しかも ガッポガッポ と(笑)


(つづく)







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。