Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

狭隘道路(ぶっちゃけ狭い道っス)でのすれ違い

狭い道って嫌ですよね ドライバーならみなさん嫌いだと思います
何がいやだって対向車とのすれ違い これが一番のネックです


でもクルマを運転していると往々にしてそんな道路を走らなければ
ならない場面が結構あるものです


えっ 家の前がそうですって? それは仕方ないですね でもあなたの
運転技術は少なからず「高級住宅地」にお住まいの方より向上している
とおもいますよ(♪ファイト!)


で、問題のすれ違いですが狭い道の場合、地元の方ならここで待ってすれ

違うんだよ なんてポイントをちゃんと分っていてそこで待機するのですが
稀に分らない方がいらっしゃるんですよね(まぁ そりゃいて当然です)
でもってそんな時は ♪アリさんとアリさんがゴッツンコ!


アリさんなら互いの体を乗り越えてでもすれ違えますがおクルマですと

そーも行きませんので(必然的に)にらめっこになってしまいます


さらに相手側のクルマの運転席をフロントガラス越しに見ると・・・
なんだか怖そうなお兄さん??


いやぁ ドキドキしますね こんなとき皆さんはどーいたしますか


(つづく)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。