Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

狭隘道路(ぶっちゃけ狭い道っス)でのすれ違い その2

前回、すれ違いのタイミングを逃してしまってコンニチワ! しているあなた


相手の運転手が人のよさそうなおばちゃん(おじいさん?)で片手を鼻先に垂直に
立てて「いやぁ すんません」的な感じだったら、仕方ないなぁ(この道通り

慣れてないのかな)なんて感じになるんですが、相手がいかついお兄さん

だったりすると一気に緊張が走りますね


誰ですか、俺はそっちのいかつい方だ! なんて言ってる人は(笑)


お互い生身の人だったら1mもあれば余裕で肩をよけあってすれ違うんですが

いかんせん鉄の箱に入っていては物理的にどーにもなりません

さぁ どういたしましょう


答えは♪(意外と)簡単、私の場合はバックしますです


そもそも、にらめっこになった時点で失敗なんですよね

なぜって「すれ違い出来ないから」です


そーなると(どちらかが)バックするしか方法がありません


この時「俺は(私は)絶対下がらないぞっ」

ていう方いらっしゃいましたら手を上げてくださ~い・・・・


はいっ いらっしゃいますね(笑)  だから私はバックするんです・・・・


まあ意地でもバックしないぞというツワモノな方ばかりでなく
バック運転に自信のない方もいらっしゃると思います
(悲しそうと言うかなんともいえない顔で固まっていらっしゃる

クルマの方、たぶんバック苦手なんだろうなぁ と私は思います)


ところで人はどーしてバックしないんでしょう?


理由の一つにきっとバックしたらなんだか「負け」のような

感覚になるからでは無いでしょうか

(本来勝ち負けの問題ではないのですが、こんなときに自分の
知られざる一面に気付かされるのかもしれません)


(つづく)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。