Bicycle Raceの交痛心理学

日々の生活に於いて興味を抱いた事柄をヒントに載せております
(書く)キッカケとなる出来事があったとはしても(書かれた)文章は
フィクションとしてご覧願います(妄想も多々入ります(笑))

コメントはフリーですがご返事は気が向いたとき(というお約束で願います)
関連の無いコメントは削除させていただく場合もございます

※「交通心理学」とはまったく関係はございませんので一応・・・

駐車場で当て逃げされた???

ある日クルマに擦った(擦られた?)ような跡が・・・

あれっ、これはどこで(いつ)付いたんだろう


なんて原因不明のキズを発見してしまうことありませんか


家で駐車しているときは案外気が付かないんだけど、ショッピングセンターなど

狭い駐車スペースに留めたときにふと気づく事があります

(きっと隣の車との隙間を通るときにカバンなど当たらないように注意して

乗り込むので自然とボディなどに視線が行って気づくのでしょうね)


もしかしたら隣の車に擦られちゃったりして・・・(当て逃げされちゃったのか)
うーんでも自分でどこかで擦ったのかも・・・(←それじゃ当て逃げじゃないね)


で、結局家に帰ったらワックスなど当てながらやわらかいスポンジでひたすら
なでるように磨き上げます (おっ ほとんど目立たなくなったな 安堵)


冷静に考えたらワックスで消えるような傷を車で付けるなんて無理ですよね

もしもそうならホント偶然で、付けたドライバーも気付かない事でしょう。

もしくはそんな薄いキズをワザと出来るようなドライバーは神業なので

そもそもそんな失態はしないことでしょう


なんて話を車の保険屋さんに話した事があるんですが意外な答が返ってきました

「もしも当て逃げなら、ちょっとでも擦ればドライバーは必ず気付いてますよ」

「えっ そうなんですか ほんのちょっとですよ」
「車の中では音が良く聞こえるんですよ」
との話。


実際に擦って実験するわけにも行かないのでその時は半信半疑でした
ところがそれから程なく自分でバンパーを家の塀に擦ってしまうという失態を

やらかしてしまいました。


いやぁ ほんと嫌な音がしましたね(ズリズリズリぃ~てな音です)
そして擦っている(最中の)音が大変よく聞こえましたです


(つづく)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。